寝かしつけのコツとユラリズムの必要性

育児

こんばんは、いっしです。

東京や九州ではもうインフルエンザが流行しているみたいですね(;^ω^)

例年に比べると早すぎますね。ほとんどの方が予防接種をしていないでしょう。赤ちゃんがいる家は心配ですよね。私の地域はまだ流行ってないみたいですが、手洗いうがいなどの予防を頑張りましょう。

今日は当家で大活躍のユラリズムについて少しお話しようと思います。ユラリズムは寝かしつけには必須だと思い、その素晴らしさの伝道師になりたいのです。

まずはいつも通り寝かしつけの戦いの模様をお話しします。

スポンサーリンク

寝かしつけ開始

仕事から帰宅すると、すでに娘は寝てました。笑

妻に聞いたところ、寝ぐずりがあって30分くらい寝てるとのこと。

・・・(; ・`д・´)

夜の寝かしつけは大変になるやも。

合計1時間くらいの昼寝(?)の後、最後の授乳が20時で終わりそろそろ寝かしつけです。直近で昼寝をしていたので、娘の様子はめっちゃ元気です。泣

でも、目は眠そうかな。20時半くらいからBGMを流し始めました。まずはアニメとなりの怪物くん」より「手つかずの感情」。うーん、10分くらいしても効き目なし。

次に「秒速5センチメートル」「想い出は遠くの日々」をかけてみます。

こちらも反応がイマイチですね。どちらもピアノの演奏がある静かめな曲なんですが、眠りを誘うことはできません。

それならばと曲調を変更して、アニメ「ちはやふる」「そしていま」を流してみたところ、反応あり!歌があった方が眠気を誘えるのかなー。これは今後要検討です。ちなみに、ちはやふるはめちゃめちゃ面白いので、見る価値ありです!

「そしていま」を流してから10分くらいで寝ましたね。良かったぁ(*^_^*)

昼寝があったので、無事に寝てくれるかヒヤヒヤしましたが今日も任務完了いたしました。

ユラリズムの必要性

当家では寝かしつけでユラリズムが活躍することが多いです。ユラリズムは商品名です。ハイローチェアが一般的な呼ばれ方ですかね。ユラリズムは寝かしつけ以外にも、日常生活で役に立つ場面がちょこちょこあります。その点をデメリットを含めて記載します。

メリット

  • 寝かしつけに大活躍。
  • 赤ちゃんをワンオペでお風呂に入れるときに便利。
  • 離乳食が始まったときに、椅子とテーブル代わりに使用できる。 等

現在感じているメリットはこれらです。思いついたらまた追加します。まず、抱っこして寝かせた後に布団に置くと、背中が伸びるのが嫌なのかその瞬間起きることがありますよね。それをいったんユラリズムに置くと、赤ちゃんを包むようなクッションのおかげで起きることが少ないです。そこで30分くらい深い眠りに入ってから、布団に移動させます。これに気づいてから寝かしつけが苦でなくなりました。

次に、赤ちゃんをお風呂に入れるときの移動台として使用できます。お風呂の近くまでユラリズムに乗せて連れていくことで、ワンオペでもお風呂に入れてあげることができます。これもあるなしで大きく違うと思います。

デメリット

  • 幅が大きいので、スペースをとる。
  • 安いものでも1万円ほどするので、高価。   等

デメリットも気づいたら追加していきます。まず意外と大きいので場所をとります。また、当家のは手動で揺らすタイプですが、電動で揺らしてくれるものもあり3万円以上はします。

個人的な感想として、値段は費用対効果を考えると適正価格だと思います。電動ハイローチェアは使用したことないですが、手動のもので十分と考えます。私の場合お風呂に連れて行ったりして、家の中を動かしまわるので、電動より手動のタイプの方が軽くて便利な気がします。

もし購入を迷っている方には、強くお勧めします。高価なものでも早く購入すればその分、日割りで得をするというのが私の考えなので(笑)

本日の結果

眠りに誘うBGM:「ちはやふる」の「そしていま」

寝るまでの時間:30分

妻は疲れたのか娘より先に寝てました。笑

今日はユラリズムの良さ、メリット、必要性に関してお話ししました。ユラリズムを購入した方が平穏な育児生活を手に入れることができると思います。

では、おやすみノシ

にほんブログ村 子育てブログへ

よろしければポチっとお願いします!
にほんブログ村

育児
スポンサーリンク
いっしをフォローする
パパ薬剤師ブログ~育児と薬の役立つ話~

コメント

タイトルとURLをコピーしました