喉の痛みに対する市販薬

市販薬/OTC

こんにちは、いっしです。絶賛喉の痛みと戦っています( ;∀;)

子どもにうつらないように願うばかりです(;´・ω・)

昨日仕事中に喉の痛みのお薬相談が多かったことをお話ししました。内容は下記リンクです。

せっかくなので、薬剤師の私がおすすめする喉が痛いときのお薬や対処法をお話ししていこうと思います。

スポンサーリンク

喉が痛いときの市販薬紹介

喉が痛いと、唾を飲むだけでも苦痛ですよね。事実私も今現在悩まされてます。平日仕事が忙しいと病院にも行けず、日曜祝日は病院がやっておらず、市販薬で対応する方々に向けて参考になれば良いと思います。

  • 内服薬
  • 外用薬

この2種類について記載してみます。

喉が痛いときの内服薬

まずは飲み薬で対処しようと思う方が多いと思います。ただ、ドラッグストアに行くとたくさんの種類のOTCが存在し、何を選べばよいかわからないと思います。私が市販薬の相談をするときは、まずこんな質問をします。

「症状は喉だけですか?それともほかの症状もありますか?」

ほかの症状がある場合とそうでない場合で使用する薬が違います。ほかの症状とは、例えば鼻水や咳、熱や頭痛などです。

鼻水や咳がある場合は総合感冒薬をおすすめしてます。喉の痛みにはもちろんそれ以外の症状にも効く薬が入っています。

そして、もし喉の症状だけということであれば、下記になります。

  • トラネキサム酸が配合されている薬
  • 痛み止めが配合されている薬
  • もしくは、その両方が配合されている薬

トラネキサム酸は抗炎症剤として用いられ、医師が処方する薬の中にもたびたび見られます。市販薬では、第一三共ヘルスケアさんの「ぺラックT錠や小林製薬さんの「ハレナース」が該当します。

次に痛み止めが配合されている薬です。例えば、第一三共ヘルスケアさんの「ロキソニン」やエスエス製薬さんの「イブ」、ライオンさんの「バファリン」などが挙げられます。

ロキソニンやイブなどの名称を聞くと、頭痛や生理痛に使う薬という印象が強いと思います。しかし、添付文書をよく読んでいただくと効能効果に咽頭痛があります。つまり、喉の痛みにも効果を発揮するのです。体感ですが、意外とご存じない方多いです。

そして最後にその両方が配合されている薬として挙げられるのは総合感冒薬か、興和さんの「コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα」です。コルゲンコーワ鎮痛解熱LXαは上に記載したロキソニンの成分であるロキソプロフェンとトラネキサム酸の2種類だけが配合されている喉の痛みに対しては最高の処方になっている市販薬だと思います。

ドラッグストアの薬剤師としての選択肢はこんな感じで、お話を聞きつつ薬を勧めてますね。

喉が痛いときの外用薬

続いて、外用薬について説明します。実際内服薬の方が効果は実感しやすいと思いますが、妊娠や併用薬、アレルギーなどの関係で薬が制約されている方には外用薬をオススメしてます。外用薬に該当するのは、

  • のどスプレー
  • うがい薬
  • トローチ

この3種類でご案内してます。

まずは、のどスプレーとうがい薬についてです。小林製薬さんの「のどぬーるスプレー」や白金製薬さんの「パープルショット」などが挙げられます。うがい薬も内容はあまり変わりません。ヨウ素が配合されているか、アズレンが配合されているがメインかと思います。セチルピリジニウムもありますが、私の選択肢の中にはあまり出てこないです。

ここで添付文書を見てみると、のどぬーる(ヨウ素配合)は『のどの殺菌・消毒』とあり、パープルショット(アズレン)は『のどの炎症、のどの痛み』とあります。このことから、私はすでに喉が痛い方にはアズレン配合の薬を、風邪の予防やのどが痛くなるかもと考えている方にはヨウ素配合の薬を勧めるようにしてます。

トローチに関しても同様で、喉が痛いかたにはアズレン配合を、予防的に使いたいという方には、セチルピリジニウムなどの殺菌作用があるものをオススメしてます。「パブロントローチAZ」だと両方入っているのでお勧めですね。

結論

症状として喉の痛みがあるときは、基本的には内服薬を使用し補助的にトローチやスプレーを使うように接客してます。 ただし、薬の使用に制限がある方はこの限りではありません。

薬剤師によって考え方が違うので私が挙げた薬以外を使う方も多いでしょう。もちろん薬には副作用もありますので、一概にこの意見が正しいとは言いません。しかし、それなりに市販薬の接客をしてきたので、上記内容は悪くないと自負してます。※薬の使用に関しては、添付文書をしっかりと読んで、自己責任でお願いします。

こんな形で皆さんの日常の手助けをできる内容を発信していきたいですね。

それでは、さようならノシ

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

よろしければポチっとお願いします!
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました