暖房器具はオイルヒーターがおすすめ【赤ちゃんの寝かしつけに最適】

育児

どうも、いっしです。

冬には皆さん暖房を使いますよね。

暖房器具を選ぶ際には何を基準にしていますか?

暖かさ、電気代、手軽さなどを重要と考える方もいるでしょう。

1人暮らしだったら備え付けのエアコンで良いって人もいるでしょう。

今回の記事では、赤ちゃんや小さい子どもの子育てをしているという目線から、おすすめの暖房器具を紹介します。

スポンサーリンク

暖房器具はオイルヒーターがおすすめ

さっそく結論から書きます。

赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭では、オイルヒーターがおすすめです。

理由として、エアコンや石油ファンヒーターなどを使用するよりも、オイルヒーターを使用するメリットの方が大きいからです。

もちろんオイルヒーター使用のデメリットもあります。

エアコンや石油ファンヒーターの方が優秀な点もあります。

しかし、“赤ちゃんや小さい子どもがいる”という一点においては、オイルヒーターに軍配が上がると思います。

私はデロンギのオイルヒーターを昨年はレンタルし、今年は購入いたしました。

子育てにまつわるグッズで買って良かったものとして、“赤ちゃんが寝ない…そんな時ハイローチェアは必要か?【ユラリズム】”という記事でユラリズムの有用性についてまとめています。

ハイローチェアを使用したことがある方は、あの便利さに感動しませんでしたか?

デロンギのオイルヒーターはそれに匹敵するほどの感動を味わえます。

それでは、オイルヒーターについて説明していきます。

オイルヒーターとは

最初に、オイルヒーターの仕組みをざっくり簡単に説明します。

電気でヒーター内部のオイルを暖め、そのオイルが流動することで外部のパネルが暖まります。

そのパネルの熱で部屋を暖めます。

つまり、温風を起こさずに部屋を暖めることができる暖房器具です。

内部のオイルはメンテナンス不要です。

オイルヒーターのメリット

私はデロンギのオイルヒーターを昨年はレンタルし、今年は購入しました。

ここでは実際に使用した感想を交えながらそれぞれについて記載していきます。

部屋が乾燥しにくい

冬場は特に部屋が乾燥します。

大人だけでなく、赤ちゃんや小さい子どもがいるとなおさら部屋の乾燥は気になりますよね。

オイルヒーターはエアコンやファンヒーターと違い、乾燥しにくいというメリットがあります。

乾燥しないということは肌や喉に優しいだけでなく、風邪のウイルスを蔓延させない環境を作ることができます。

実際に使用した感想
  • ファンヒーターやエアコンと比べると確実に乾燥しにくいです。
  • 温風が出ないことが、乾燥しにくさの要因になっていると感じます。
  • 部屋の湿度が保たれるので、ドライアイや乾燥肌の人にもおすすめです。

部屋の空気がきれい

温風が出るわけではないので、ゴミやハウスダストが舞い上がりません。

また石油を使わないので、 二酸化炭素などが排出されず、部屋の空気が汚れません。

この点も赤ちゃんがいる家庭では重要視するのではないでしょうか。

実際に使用した感想
  • 石油を使う暖房が置いてある部屋の独特の息苦しさはないです。
  • ほこりなどが舞わないので、アレルギー体質の方にもおすすめです。

音が静か

夜中に使用する点において重要です。

運転音がほとんどなく、睡眠が阻害されることがないと思います。

エアコンのように送風音がないですし、特に赤ちゃんの寝かしつけをするママやパパには嬉しいポイントですね。

実際に使用した感想
  • 無風なので、エアコンと比べるとかなり静かです。
  • 全く音がないわけではなく、ジーというような待機音はあります

やけどしにくい

表面温度がストーブなどと比べると低く保たれているので、触ったとしてもやけどする可能性が低いです。

私の家では表面温度60℃のモデルを使用しています。

誤って赤ちゃんや小さい子どもが触ってしまったとしてもすぐにやけどすることはないでしょう。

同様に表面温度が低いので火事の心配も、石油や電気ファンヒーターに比べると少ないです。

子どもが活発に動き始めた時に、やけどしにくい暖房はありがたいのではないでしょうか。

実際に使用した感想
  • 触ってみると、少し熱い感じはします。
  • 赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭では、触れないような対策は必要だと思います。

部屋全体が暖かい

エアコンと違うのは、部屋に入ったときに感じる暖かさです。

部屋内をムラなく暖めることができます。

実際に使用した感想
  • “穏やかな暖かさに包まれる”と表現されますが、まさにそれがぴったりです。
  • 部屋に入った瞬間、エアコンやファンヒーターで暖めた時と違うと実感します。
  • 言葉で伝えるのが難しいので、レンタルで試してみるのがおすすめです

オイルヒーターのデメリット

メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

同様に、実際に使用した感想を交えてデメリットも紹介していきます。

暖まるまで時間がかかる

オイルヒーターは上述したように、オイルを暖めるところから始まるのでどうしても時間がかかってしまいます。

石油ファンヒーターやエアコンと違い、温風を出すわけではないので即効性は低いです。

実際に使用した感想
  • 部屋全体が暖まるまでには、1時間くらいはかかります。
  • オイルヒーターが暖まるまでは、エアコンを併用することが多いです。
  • タイマーやスリープモードをうまく活用する必要があります。

電気代が高い

デロンギの公式ホームページに記載してますので、詳細を知りたい方はこちらをクリックしてください。

実際に使用した感想
  • 電気代の内訳は不明だが、オイルヒーターを使用し始めてからは電気代が高いです。
  • 寝てるときも点けっぱなしにすることが多いので、その分電気代がかさみます。

本体が高価

価格帯としては2~6万円ほどでしょうか。

性能や安全性が上がれば、価格が上がっていきます。

実際に使用した感想
  • 私は最初からは購入せず、レンタルで試してみました。
  • 家電量販店の暖房器具コーナーの中では高価に感じるので、自身で費用対効果を見極める必要があります

場所を占領する

とにかく大きいのでスペースをとります。

実際に使用した感想
  • スペースはとりますが、キャスターがついているので移動は簡単です。
  • 後述しますが、窓際に置くので、洗濯や掃除の時に支障がでます。

オイルヒーターおすすめの使い方

最後に私が実践しているおすすめの使い方を解説していきます。

窓際で使用する

窓際に置くことで、窓からの冷気を防ぐことができるので部屋が均一に暖まることになります。

エアコンや石油ファンヒーターだと窓際や部屋の隅との温度差がでますよね。

その温度差が少ないので、部屋中どこにいても暖かく過ごせます。

タイマーやスリープモードで使用

私が特に良いと感じたのはスリープモードです。

タイマーは電源のオンオフです。

スリープモードは設定時間によって温度を自動で変更してくれます。

例えば、寝ている間は温度を低めで、起床のタイミングで温度を上げるというような設定ができます。

赤ちゃんが布団から抜け出しても、冷える心配も少ないです。

最後に:オイルヒーターは寝かしつけの味方

様々なメリットデメリットをお話ししてきましたが、購入するにしてもレンタルするにしても、決め手がないとなかなか決断できないと思います。

私はほぼ毎日子どもの寝かしつけをしています。

寝かしつけには親の頑張りだけでなく、その部屋の環境も大事だと感じます。

オイルヒーターは静かに優しく部屋を暖めているので、温度と湿度が最適な環境で赤ちゃんを寝かしつけることができます。

赤ちゃんを上手に寝かしつけるためにも必要な育児関連グッズだと思います。

また、赤ちゃんがなかなか寝なくて困っている方は、日々の寝かしつけの経験から“寝かしつけの方法とコツ”をまとめましたので、是非ご覧ください。

長々とオイルヒーターについてお話ししてきましたが、少しでも使ってみたいなと思った方は是非レンタルから始めてみてください。

それでは、皆さん無理しない子育てライフを一緒に頑張りましょう!

よろしければポチっとお願いします!
にほんブログ村

育児
スポンサーリンク
いっしをフォローする
パパ薬剤師ブログ~育児と薬の役立つ話~

コメント

タイトルとURLをコピーしました