【子育てで寝落ちしないために】眠くなる鼻炎薬について【花粉症】

市販薬/OTC

こんにちは、いっしです。

“眠くなる”鼻炎薬と記載すると、違和感がありますよね?

なぜなら、ほとんどの方が眠くならない鼻炎薬を求めるからです。

眠くならない鼻炎薬については下の記事でまとめています。

それに対して、本日は“眠くなる”鼻炎薬について解説していきます。

“眠くなる”鼻炎薬について知っておくと、市販薬を選ぶのが簡単になります。

それには理由が2つあります。

①“眠くなる”鼻炎薬を理解すると、“眠くなりにくい”鼻炎薬を選べるようになるから。

②“眠くなる”をくしゃみ鼻水を抑える効果が高いと置き換えても当てはまるから。

①に関しては、逆説的な方法で情報を提供します。

②に関しては、私の経験上、市販されている花粉症などのくしゃみ鼻水の薬は「眠くなる≒効果が高い」と考えていいと思います。

私の職業は薬剤師です。調剤併設型ドラッグストアで約8年ほど勤めています。

また、普段は生後6か月の子どもの育児に励んでます。特に、寝かしつけは私の担当です。

子育てをするという観点も含めて、“眠くなる”鼻炎薬について説明していきます。

スポンサーリンク

眠くなる鼻炎薬について

まず結論を書きます。

眠くなる鼻炎薬は花粉症などのくしゃみ鼻水を抑える効果が高いです。

鼻炎薬を服用することによる、鼻水を抑える効果と眠気の副作用に相関性があるかは不明です。

しかし私の経験上、眠くなりやすい抗ヒスタミン薬の効果は高いと考えられます。

では、眠くなる成分はどんな名称なのでしょうか。実際に見ていきましょう。

第一世代抗ヒスタミン薬:【クロルフェニラミン】【ジフェンヒドラミン】

抗ヒスタミン薬の中で第一世代と呼ばれるものが、眠くなる副作用が強い成分です。

市販薬の中で第一世代としてよく配合されているのが、クロルフェニラミンジフェンヒドラミンです。

ドラッグストアで鼻炎薬を手に取り、裏面の構成成分の欄を見て下さい。

眠くなる鼻炎薬には、だいたいこのどちらかの成分が入っていると思います。

効果

第一世代抗ヒスタミン成分が配合されている鼻炎薬を服用するとよくわかります。

くしゃみ鼻水がピタッと止まると思います。

副作用が強いのが欠点ですが、どうしても鼻水を即座に止めたい人にはおすすめです。

注意点

第一世代抗ヒスタミン薬は、服用後の車の運転や危険な操作が禁止されています。

それほどの眠気が出る可能性があるのです。

例えば、クロルフェニラミンが配合されている鼻炎薬を購入するとしましょう。

服用タイミングが1日3回の時、朝に服用すると耐えられないくらいの眠気が来ることがあります。

特に初めて服用する方は気を付けてください。

もし眠気の程度がわからない方は、夜から服用することを推奨します。

服用後に眠りに入るまでが早い、ぐっすり眠れた、朝まで眠気が残っているなどが現れた方はその副作用が出やすい方だと思います。

子育て中にはNG?

実際、眠くなる鼻炎薬の服用は子育て中には不向きだと思います。

理由は簡単です。本当に眠気の副作用が強いからです。

副作用の眠気が強すぎると…
  • 寝かしつけ中に、子どもより先に寝落ちしてしまう。
  • 眠すぎて子どもから目を離してしまう。
  • 車の運転が不可になるので、外に出掛けられなくなる。
  • 普段から赤ちゃんの夜泣きなどで寝不足なので、さらにイライラしてしまう。

思いつくだけでも、様々な不都合が生じるのではないでしょうか。

これだけでも子育て中にはNGだとわかりますね。

仕事に集中できないや授業中に寝てしまうとかであれば、自分だけの責任です。

眠すぎることが原因で、子育てに影響が出ることは避けましょう。

まとめ

今回は、あえて“眠くなる”鼻炎薬について解説しました。

ドラッグストアで薬を選ぶ参考になりましたでしょうか。

どうしても鼻水やくしゃみを止めたい方にはおすすめです。

子育て中には不向きだと書きましたが、眠気には耐えられるけど花粉症には耐えられないママやパパでしたら服用を考えても良いのではないでしょうか。

鼻水がずるずる垂れているとイライラしてしまい、育児に集中できないことがストレスになってしまいます。

デメリットよりもメリットが上回る場合は服用しても良いと思います。

毎日の寝かしつけで寝不足なママやパパにはおすすめできません。

子育てや寝不足で疲れたママパパには、プラセントップという薬がおすすめです。

プラセントップはドラッグストアで購入できますので、興味がある方は是非ご一読ください。

それでは、みなさん体調に気を付けてお過ごしくださいませ。

よろしければ応援よろしくお願いします!
にほんブログ村

※市販薬の使用は、用法用量を守って正しくお使いください。

※今回の記事は効果を保証するものでなく、経験からの知見です。市販薬の使用は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました